活用方法はいろいろある

スーツの女性

所有している土地を更地のままで放置をしておくことは大変もったいない話です。なぜならば、更地のままだと固定資産税を多く徴収されるからです。更地のまま放置をしておくと、お金が入ってくることは一度もなく、固定資産税や都市計画税等で出ていく一方なのです。これではせっかく所有している土地がお荷物になってしまいます。ならば売却すればよいという話にもなりますが、先祖代々から所有している、由緒ある土地である場合には、なかなか手放すことが出来ないという地主が多いのも事実です。さらに厄介なことに、その土地が共有名義である場合には、ある所有者は売却を考えたとしても、他の所有者は反対に回るようなケースも多く、なかなか話がまとまらないといったこともあります。では、どのような対策方法があるのでしょうか。そのうちの一つがアパートやマンションなどの賃貸物件を建設するということです。土地活用によって、アパートを建てることのメリットはいくつもあります。前述したように固定資産税の問題も、アパートの家賃収入から支払うことが可能になります。これならば、持ち出しをすることもなくなります。他にも賃貸物件を建設するといくつかのメリットが考えられます。

どのくらいの費用が掛かるのか

一言でアパートを建てるといっても、どのくらいの予算が必要になるのか心配になる人も多いでしょう。アパートの場合であれば、木造か鉄骨、鉄筋コンクリート造りなどの構造の違いによっても予算が大きく変わりますが、建設する建物の規模によっても費用が変わります。さらに建設を依頼する工務店によっても費用が大きく異なることが多く、出来ることならば相見積もりを複数の業者からとるほうがベストです。安易に土地活用の営業マンの口車に乗って、二つ返事で建設を決めるようなことは避けたいものです。さて、土地活用でアパートを建てる場合、自分の予算だけで建てられる人はほとんどいません。必ず金融機関の融資等を利用することが多いです。ここで土地を所有している人にとっては有利に働きます。もしもアパート経営を、土地から購入して行う場合には、土地代と建物代の両方が掛かりますが、すでに土地を所有しているならば、その費用が浮きます。つまり、上物だけの価格で住むのが大きなメリットといえるでしょう。それによって、利回りも大きく変化します。このように、土地を所有しているのであれば、その有効活用は必ず考えたほうがよいでしょう。

広告募集中